LS460

平成19年式 レクサスLS460 USF40

ATオイルパン洗浄とATF圧送交換のご依頼です。

 

埼玉県毛呂山町からご入庫いただきました。

 

走行距離は137,939KM。

走行距離137,939KM

 

先月、中古で購入されたばかりだそうです。

 

まずはATFのメンテナンスをしようとレクサスディーラに交換の相談したところ、やりたくなさそうな対応を受けたということです。

 

LS460のATF交換についてネットで情報収集しているときにオートサプライ鈴木を見つけていただました。

すぐにお電話いただきお問合せ、お見積り、ご予約、そして本日の入庫となりました。

 

 

それでは作業のご紹介に入りますが、いきなりATFを抜き取ったりはいたしません。

ますは走行試運転と外部診断機による故障コードのチェックをします。

 

走行試運転へ

 

故障コードなし

走行試運転、故障コードともに問題なし。

 

 

ここからオイルパン分解洗浄・ストレーナー交換作業に入ります。

 

まずはリフトで車を持ち上げます。

 

エアサス車ですので、そのまま持ち上げると壊してしまいますので注意が必要です。

忘れずにエアサス制御をキャンセルしてから作業に入ります。

 

リフトアップ

重たいLS460ですが、何とか上がりました。

 

画像中央の黒くて四角いものがATオイルパンです。

 

ドレンボルトを外して内部のATFを排出します。

 

新車からおそらく無交換であると推定されるATF。

走行距離にかかわらずディーラーはATF交換に関して消極的です。

 

廃油サンプルを少量採取します。

 

排出が終わったらオイルパンを外していきます。

 

オイルパンを傾けるとドレンプラグから抜けきらないATFが流れ出てきますので油断できません。

 

オイルパンを外すとAT内部とご対面です。

 

オイルフィルターの吸い込み口は真っ黒に汚れています。

 

ストレーナーの新旧比較。

 

 

新品のストレーナーを取り付けします。

トルクレンチを使って規定トルクで締め付けています。

 

次にオイルパンの洗浄。

 

AT内部の摩耗で発生する鉄粉を回収するためのマグネットです。

 

きれいになるまで掃除します。

 

マグネットを外した跡です。

 

こうやって拭くと・・・

 

これくらい汚れが堆積しています。

 

同時にガスケットの交換をします。

ゴム製のため、熱で溶けて張り付いている部分があり地味に時間がかかります。

 

やっと外すことができました。

 

新品ガスケットを装着します。

 

アップで見ると複雑な凸凹なのですね。

 

再生されたオイルパンとマグネット。

 

新品同様です。

 

オイルパンも規定トルクで締め付け。

 

オイルパン取り付けが済んだらATFを補充します。

 

この補充を初期補充といいます。

一番最初に排出したATFと同量を補充します。

 

エンジンアンダーカバー。

 

外します。

 

外したアンダーカバーです。

 

アンダーカバーを外す目的はこれ。

ラジエターに内蔵されたATFオイルクーラーへのホースにアクセスするためです。

 

オイルクーラーホースを切り離してトルコン太郎を割り込ませます。

 

ここから初期補充をします。

通常はフィラープラグから補充しますが、狭くて手が入らないためこちらから補充。

 

抜けた量より少し多めの4.5リットル補充。

補充にはアイシンAFWを使用します。

 

 

補充が終わりましたらエンジンをかけます。

すると、レクサスのAT内部を流れているATFの状態を確認することができます。

 

4.5リットルのATF交換をしていますがご覧の状態です。

 

こちらのLS460、ATF全量は9.9リットルですので半分近く交換していることになります。

しかし、半分交換ではATFは全くといっていいほどきれいになっていません。

 

1万円程度でATF交換ができるお店がありますが、全量の半分交換してお終いになっているのです。

 

オートサプライ鈴木は本格的なATF交換専門店ですのでここで終わりにしません。

 

左のボトルは最初に抜いた廃油。

右のモニターLS460のAT内部に流れているATF。

 

ここまでの作業がオイルパン分解洗浄・ストレーナー交換作業になります。

 

 

ここから先は圧送交換作業になります。

圧送交換にもいろいろな方法がありますが、オートサプライ鈴木では先のオイルパン作業・ストレーナー交換に合わせて圧送交換を2回実施するパターンが標準的作業になっております。

 

なぜ圧送交換を2回も実施するのか?なのですが、AT内部は直接手作業による洗浄ができません。

ではどうするかと言いますと、古いATFと新油を入れ替えしばらくアイドリングします。

すると、新油の洗浄力がAT内部の汚れを落としていきます。

 

時間の経過とともに新しかったATFも内部から出てきた汚れにより黒く汚れていきます。

ATFが汚れる=AT内部がきれいになる

と、いうことです。

 

次にAT内部の洗浄により汚れてしまったATFと新しいATFを入れ替えることでより完璧な交換が可能となります。

これが圧送交換を2回実施する理由です。

 

通常、1回目の圧送交換をプレ洗浄といい、比較的安価なATFを使って交換します。

2回目の交換が最終交換になり、最終的に走行に使用するATFになります。

 

オートサプライ鈴木では、交換に使用するATFもいろいろと選択可能になっております。

LS460のオーナー様が選択されたのは、プレ洗浄は定番のアイシンAFW、最終交換の2回目はこちらも定番になりましたワコーズ最高峰ATFプレミアムSです。

 

それでは、1回目の交換、プレ洗浄からご覧ください。

圧送交換1回目終了しました。

 

真っ黒だったATFがここまで戻りました。

ATF全量9.9リットルに対して、余裕をもって13リットル使って交換しました。

 

左のボトルは最初に抜いたATFです。差は歴然としています。

 

多めのATFで洗浄することで、ここまで透明度が戻りました。

 

次に、トルコン太郎内部のATFを入れ替えします。

こちらはトルコン太郎の裏側です。

左側のタンクに車から抜き取った廃ATFがためられています。

 

アイシンAFWからワコーズプレミアムSへ。

 

ワコーズの最高峰ATF。

耐熱性、耐久性、潤滑性にすぐれた高性能ATFです。

 

 

アイシンAFWによりAT内部の洗浄が終わりましたので2回目の圧送交換を開始します。

これで最終交換となります。

2回目の交換が終わりました。

11リットル使用して交換しました。

 

いかがでしょうか。

 

廃油と比べるまでもなく、

 

 

新油同等の透明度です。

 

新油との比較。

 

 

圧送交換はここで終わりです。

 

 

ここから先は、今回の作業の最難関フルードレベル調整です。

とは言いましたが、何度もやっているので簡単にできてしまいます。

 

レクサス、トヨタ、日産、マツダ、その他メーカーでも大丈夫です。

ただし、国産車のみになりますが・・・。

 

モニターを見て現在のATF温度を確認します。

 

温度をメーカー規定値以下になるまで冷却します。

 

3月半ば、気温12℃。

スポットクーラーを使っても冷却に2時間かかりました・・・。

 

そして、ATF油温検出モードにて温度を調整。

 

オーバーフロープラグからオイルを排出してレベル調整終了です。

ご覧のとおりきれいなATFが流れでてきました。

 

フルードレベル調整が無事に終わりました。

 

 

次に最終の走行試運転と故障コードの確認です。

 

 

作業前の状態と比較しながら試運転します。

 

走り始めて、一瞬だけ不自然な変速感がありました。

 

真っ黒なATFが新油になってしまたのでATコントロールコンピューターがびっくりしたのでしょうか。

すぐに作業場へ戻りAT学習値を初期化します。

 

バッテリーを外しただけでは初期化できませんので外部診断機を使います。

 

 

初期化が済んで再度走行試運転へ。

変速感も問題ありません。

 

ATF交換前に比べると走りが大変スムーズになりました。

さらに、動力伝達性も向上。

すこし踏み込むとすぐに制限速度を超過してしまいます。

 

重量のあるお車にはワコーズの最高峰ATFプレミアムSが良く合います。

 

 

作業場へ戻り再度外部診断機を接続します。

 

故障コードの最終チェック。

 

故障コード、全て問題なし。

 

やっとお客様へお車のご返却になります。

 

 

 

 

オーナーのI様にも大変喜んでいただきました。

 

 

メーカーの見解では、レベルゲージのない車はATF交換不要となります。

10年10万KM走行しても故障しないからです。

 

しかし、「故障しない」と「調子が良い」はイコールではありません。

故障しなくても、劣化したATFにより調子は悪くなっていきます。

さらに最悪の場合、AT内部に損傷が起こってしまうこともあります。

 

 

劣化しないATFはありません。

レクサスのATメンテナンスとATF交換にお悩みの方はご相談ください。

 

 

お問合せ

ATF/CVTオイル交換のお見積りは車検証をご用意の上、こちらのフォームをご利用ください。

 

費用以外のお問い合わせはこちら。

 

お急ぎの方、フォームが面倒なかたは車検証をご用意の上。お電話をご利用ください。

タップで電話がかかります。