ATF/CVTオイル交換、ブレーキメンテナンス、エアコンメンテナンスが可能なプロショップです。

エアコンガスクリーニング

  • HOME »
  • エアコンガスクリーニング

車のエアコンは定期的なメンテナンスにより性能維持が可能です。

不具合例1
エアコンが冷えない

エアコンガスは少しずつ漏れるのが正常です。
新車から10年経過したお車は2/3くらいにまで減ってしまいます(当社調べ)

昔の車はサイトガラスを見ながらガスチャージをすれば簡単に改善できましたが、今の車はエアコンガスの重量を管理する必要があります。
ガスが足りなければ効かない、逆に入れすぎても故障の原因になってしまいます。
メーカーが指定した重量を正確に補充することで性能が発揮されるようになります。

不具合例2
エアコンから異音がする

エアコンの内部に補充されているオイルは過酷な状況のなか劣化していきます。
劣化したオイルは最悪の場合、コンプレッサーを損傷させてしまいます。

定期的なメンテナンスをすることでコンプレッサーの損傷を防ぐことが可能です。

 

 

オートサプライ鈴木ではエアコンのメンテナンスに専用の機械を使っております。

フロンガスHFC-134a
全自動・回収・再生・真空引き・充填装置

デンゲン社製
ECO MAX ZEZRO

 

 

エアコンメンテナンスの流れ

1、エアコンガスを回収しデジタルで重量測定

2、ドライフィルターで異物と水分を除去

3、強力真空ポンプで水分を除去

4、液体圧送充填方式で規定量を充填

5、コンプレッサーオイルを補充

 

コンプレッサーオイルはニューテック NC-200へアップグレード可能です。

 

エアコンのコンプレッサーの内部潤滑およびシステムの気密性を高めてガス漏れをふせぐために使用しているコンプレッサーオイル用の添加剤です。

コンプブーストの添加によってエアコンによるフリクションロスが劇的に低減します。

 

 

エアコンガスガスが2/3まで減ってしまうと真夏の日中はエアコンが効かなくなります。

エアコンガスクリーニングによってメーカー規定の重量を正確に充填するとしっかりと効くようになります。

 

施工前 14.8℃

 

施工後12.1℃

 

アイドリングでこの差ですので、走行すればコンプレッサー回転数もあがりかなり冷えるようになります。

 

作業時間は30分程度です。

 

「ホームページ見た」とお電話ください TEL 048-775-3322 営業時間 9:00-12:00 13:00-18:00 定休日:日曜・祝日

ブログ
ATF
車検
車検予約フォーム
お客様の声
地図&アクセス
ブレーキディスクローター研磨

営業カレンダー

営業案内

定休日
日曜日・祝日 夏季・年末年始

営業時間
09:00~12:00
13:00~18:00
※12:00~13:00 昼休みです

PAGETOP
Copyright © 有限会社オートサプライ鈴木 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.