トヨタ アルファード ANH25W

CVTオイルパン洗浄・ストレーナー交換、トルコン太郎によるCVTオイル全量圧送交換のご依頼です。

 

長野県須坂市からお越しいただきました。

遠方からのご入庫ありがとうございます。

 

現在の走行距離は217,157KM。

 

入庫前にフォームからお問合せメッセージをいただきました。

CVTからの異音かどうかははっきりしませんが、特に寒い季節の発進後の無負荷時にウィーンと音がします。
異音発生時はニュートラルにして鳴っておりエンジンの回転数と同期しています。
発進直後のブレーキを掛けた後になるケースが多く、寒い時期にしか発生しません。
十分に暖機をすれば発生しないように感じます。
CVTの機能には問題が無さそうで、変速ショック等も問題ないレベルと思っていますが、朝イチの異音が気味悪いのと、これまで、おそらく無交換と思われるので、ぜひ交換したいと思います。

中古で購入されたということで、CVTオイル交換の履歴は不明とのことです。

症状がCVTオイルの劣化によるものと推測されます。

 

CVTに対して、唯一実施できるメンテナンスがオイルパン洗浄・ストレーナー交換、CVT内部洗浄・全量圧送交換になります。

 

劣化しないオイルはありません。

今回の整備で改善できることを願って作業を始めます。

 

 

作業前の事前チェックをします。

 

走行試運転は問題なし。

走行距離を考慮すると、エンジン・CVTともに良好な印象です。

 

外部診断機による故障コードチェック。

 

いくつかの故障コードが入っていましたが、CVTオイル交換に支障をきたすものではありませんでした。

 

リフトで持ち上げます。

 

 

 

アンダーカバーを取り外します。

 

サブフレームのサポートも作業の障害になるので外します。

 

CVTミッション、準備完了です。

 

ドレンプラグを外してCVTオイルを排出します。

 

真っ黒なオイルが出てきました。

 

オイルが抜けたらオイルパンを取り外します。

 

ミッション内部の様子です。

 

オイルストレーナーは真っ黒です。

 

取り外したストレーナーとオイルパン。

 

見てください、この黒さ。

 

マグネットには鉄粉がたっぷりと吸着しています。

 

 

 

 

この量です。

 

鉄粉を丁寧に除去していきます。

 

 

オイルパンの底を軽く拭き取るだけで

 

 

 

白いペーパーウエスが真っ黒に・・・。

 

 

オイルパンをピカピカになるまで磨きます。

 

マグネットの鉄粉も徹底除去。

 

新車時の状態へ戻りました。

 

今回のCVTオイル交換に使用する部品一式です。

 

オイルストレーナー

 

 

吸い込み口から見える内部のフィルターは黒々しています。

 

新品は薄い黄色でした。

 

メーカーの規定トルクで締め付けします。

 

 

新品のガスケットを挟んで、

 

オイルパンもメーカー規定トルクで締め付けします。

 

トルコン太郎を接続します。

圧送交換に入る前にオイルパンから抜けたオイル+αを補充します。

 

20系のアルファードCVT車は、この作業で4リットルのオイルが抜けてきますが、今回のお車は3.5リットルしか抜けてきませんでした。

 

20万KMの走行でオイルが減ってしまったようです。

 

左のボトルは最初に抜けたオイル。モニターは新品のオイル。

4.5リットルの補充をしました。

 

エンジンをかけると、CVT内部に残っていたオイルと補充した新品オイル4.5リットルが混ざり合ってトルコン太郎のモニターに流れてきます。

 

4.5リットルの新品オイルが入っていますが、抜き取り油と比較してもほとんど変わりません。

 

内部のフィルターは全く見えませんが、想定の範囲内です。

 

 

それでは、1回目の圧送交換をします。

 

この工程はCVT内部の洗浄を目的に行います。

 

10.5リットルを使用して1回目の交換が終了しました。

 

フィルターがかすかに見える状態ですが、オイルは黒いです。

 

抜き取り油と比較するときれいにはなりましたが、黒いのでもう1回洗浄を実施します。

 

2回目のCVT内部洗浄になります。

 

2回目の圧送交換が終了しました。

左の新油と比較すると、少し黒っぽいですが充分な結果です。

 

抜き取り油と比較すると、一目瞭然です。

 

2回目の洗浄が無事に終わりましたので、次は最終交換です。

 

初期補充から洗浄1回目・2回目に使用したアイシンCVTオイルから、本命オイルを入れ替えます。

 

ワコーズ最高峰CVTオイルプレミアムSです。

 

滑らかな変速フィーリングと高い動力伝達能力を両立した高性能プレミアムCVTオイルです。

 

使ったら分かる本物の高性能オイルです。

 

それでは、ここからが本番です。

 

最終交換スタート。

 

10.5リットルの交換が終了しました。

新品オイルと透明度が同じまでになりました。

 

ほんの数時間前までは左の状態だったものが、ここまで透明になりました。

 

見ていて本当に気持ちが良いです。

 

ここまできれいにするために、初期4.5+1回目10.5+2回目10.5+3回目10.5リットル、合計36リットルものオイルを使用しました。

 

最後にフルードレベル調整に1リットルの補充が必要ですので正確には37リットル使用です。

 

大量のオイルを使用して、洗浄と交換をしますので費用はかかってしまいましたが、できる限りのことはやりました。

 

 

交換しただけで終わりではありません。

 

外部診断機を使用して、メーカーの規定する温度に合わせてフルードレベル調整をします。

 

レベル調整後はガスケットを新品に交換します。

 

そして、規定トルクを守って締付。

 

作業後は走行試運転、故障コードの再チェックを実施して、すべての工程で問題がなかったことを確かめます。

 

朝9:00のご入庫で、完成お引渡しは夕方18:00。

 

お客様にはお待たせして申し訳ない気持ちでいっぱいですが、営業時間のすべてをこの1台のために使用して取り組むCVTオイル交換でした。

 

 

抜き取り油と作業後の比較。

本格的CVTオイル交換を実施した証です。

数リットル交換しただけでは、ここまできれいになりません。

 

 

お客さまの声をいただきました

 

交換後は気持ちの良い車速の伸びに大満足

おすすめ度 ★★★★★ 星5つ

ホームページを拝見し、同一車両の実績がありましたので依頼しました。
アルファード240S キョリ21万キロ。

先日はCVTのオイル交換、大変にありがとうございました。
21万キロも走っているので何が出て来るのか?恐る恐るのお願いでした。
交換前の状態でも「さほど問題は無さそう」と思っていましたが、、、結果はまっ黒なオイルと大量のスラッヂ、きわめつけは、オイル量不足!交換してもらって良かったです。

交換後は気持ちの良い車速の伸びに大満足です。
ニュートラルからドライブへ入れた時のショックも優しくなり、一番の懸念事項であった寒い朝の走行直後の「ウィーン」と「ガラガラ」の混じった異音は完全に解消しました。
オイル不足やフィルターの詰まりによるベーンポンプの唸りだったのでしょうか。
非常にマズい状態でした(汗)

この車は14万キロで購入したもので、購入時の冬から異音を発生していた事から、このタイプのCVTと使っている車両は10万キロあたりでのオイル交換は必須ですね。
交換は丁寧で確実な作業をしてくれる「オートサプライ鈴木」さんでぜひ!!

※時間が無くご連絡が遅くなりまして申し訳ありません。
帰り道に電話を入れたくなるほど感動ものでした。娘のラパンもお世話になりたいです。

 

お問合せ

ATF/CVTオイル交換のお見積りは車検証をご用意の上、こちらのフォームをご利用ください。

 

費用以外のお問い合わせはこちら。

 

お急ぎの方、フォームが面倒なかたは車検証をご用意の上。お電話をご利用ください。

タップで電話がかかります。