マツダCX-5 KE2FW

平成25年8月登録のお車です。

 

千葉県浦安市からご入庫いただきました。

 

「カーボン堆積エラー」が出ているのでドライアイス洗浄とDPF洗浄を希望されて今回の入庫となりました。

 

依頼内容は以下の通りです。

  • DPF洗浄
  • ドライアイス洗浄によるエンジン吸気系カーボン除去
  • トルコン太郎によるATF交換
  • エンジンオイル・オイルエレメント交換
  • ワイパーゴム交換

 

入庫時の走行距離は109,030KM

 

前回のブログで紹介したDPF洗浄、

ドライアイス洗浄機による吸気系カーボン除去につづいて、

今回はATオイルパン・ストレーナー交換・トルコン太郎によるATF圧送交換をご紹介いたします。

 

 

入庫時、DPF異常で警告灯が点灯していたCX-5。

 

前々回ブログでDPF洗浄再生しました。
DPF洗浄はこちら

 

前回ブログで吸気系カーボン除去をしました。
ドライアイス洗浄はこちら

 

いろいろと苦労もありましたが、

無事にDPF洗浄とドライアイス洗浄機による吸気系カーボン除去、

その他作業で無事に生還した今回ご紹介しているCX-5ですが、

さらにコンディションの底上げをすべくATFのメンテナンスを実施します。

 

「どうせならなるなら、一気にまとめてリフレッシュしたい」

というオーナー様の依頼に全力でお応えします。

 

ワコーズATFプレミアムSを使用して交換します。

 

 

ATF交換事前チェック

ATF交換前の事前チェックは問題なし

 

早速作業に入ります。

ATオイルパンとオイルクーラーです。

専用アタッチメントが必要なタイプになります。

 

ボンネットを開けてもアクセスできませんが、ATFレベルゲージが装着されています。

 

交換前の汚れ具合です。

 

エンジンオイルの感覚でみると大して汚れているようには見えませんが、

この先を読み進めていただくとそうではないことがお分かりいただけます。

 

ATオイルパン・ストレーナー交換

ATオイルパン・ストレーナーを交換するためにオイルパン内部のATオイルを抜き取ります。

 

この後の比較用に排出したATFを採取しておきます。

約11万KM走行したATFは真っ黒でした。

 

オイルが抜けたらオイルパンを外します。

 

マツダのオイルパンは使い捨て価格なので交換します。

※他メーカーは高価ですのでシールパッキンとスラッジを除去して再使用しています。

 

トルクのあるエンジンのATFは劣化が激しいです。

マツダSKYACTIV-D2.2は、まさにその典型的なエンジンです。

 

ATFの劣化はAT内部損傷の原因になりますので、定期的な交換を提案いたします。

 

 

黒い物体がATオイルストレーナーです。

 

ATオイルストレーナーは、エンジンオイルのストレーナー(フィルターやエレメントともいいます)のように定期交換するものではありませんが、異物を除去するうえて大切なパーツになりますので、オイルパン交換または洗浄と同時タイミングで交換をおすすめしております。

 

ATオイルストレーナー新旧比較です。

左が新品、右が使用後になります。

 

 

使用後は汚れ感がたっぷり

 

新品はきれいそのもの

次の交換までしっかりと働いてくれます。

 

トルクレンチを使用してメーカー指示値で正確に締付します。

 

新品のオイルパンとマグネット

 

いつ見ても気持ちの良い光景です

 

オイルパン取り付け部にシールパッキンを塗布して、新品の取付けボルトを使用してここもメーカー指示値で正確に締付します。

 

シールパッキンが落ち着くまでしばらく放置します。

 

専用アタッチメントを使用してトルコン太郎接続

トルコン太郎で圧送交換するためにオイルクーラーを外します。

 

専用アタッチメントとトルコン太郎を接続します。

 

CX-5のATとトルコン太郎が接続されました

 

先ほどの作業でオイルパンからATFを排出しましたので、圧送交換のまえに適量補充する必要があります。

この補充を初期補充といいます。

 

初期補充とこの後に行うAT内部洗浄・プレ洗浄にはアイシン製ATFを使用します

 

4.5リットルの初期補充の後、エンジンを始動するとCX-5のAT内のATFがトルコン太郎の真ん中のモニターに流れ込んできます。

 

4.5リットル分のATFを交換したことになりますが真っ黒です

 

それなりの距離を走行しているお車の場合、下抜きでATFの交換をしてもこの程度にすぎません。

 

しかも、中途半端な交換は新油と劣化したATFが混ざり非常に不安定なATFになってしまい故障リスクが高まります

実際にディーラーやカー用品で同様の交換をして故障したという話を何度も聞いております。

 

 

10万KMを超えた過走行車の場合は、ATFやCVTオイルを一気に全量交換すると内部のスラッジがはがれて故障する可能性もあります。

 

オートサプライ鈴木では、そのようなリスクを最小限に抑えてATFやCVTオイルを交換するために、オイルパンやストレーナーのメンテナンスをしっかり行ったうえでトルコン太郎を使用して洗浄交換を行っております。

 

 

一番最初の排出油と比較しても4.5リットル交換後のATFは差がほとんどありません

 

この後のトルコン太郎による洗浄交換で新油同然まできれいにしていきます。

 

1回目の圧送交換(AT内部の洗浄・プレ洗浄)

4.5リットルの初期補充の後、AT内部の洗浄をするため圧送方式で全量交換を実施します。

 

圧送交換は車から流れてくる廃油をキャッチしながら、新油を車へ送っていきます。

廃油の流れと新油の流れは別ホースで一方通行にながれますので、トルコン太郎と配管内での混ざり合いはありません。

 

それでは、1回目の圧送交換スタートです。

右手前のモニターのATFが少しずつきれいになっていく様子をご覧ください。

1回目の圧送交換が終了しました。

 

圧送交換が終了するとCX-5のAT内部に流れているATFがトルコン太郎の真ん中のモニターに流れてこんできます。

 

交換前と見違えるほどきれいになりました。

 

圧送交換後は自動でクリーニングモードに切り替わります。

 

車から出てきたATFは真ん中のモニター内部のフィルターでろ過され、また車に戻っていきます。

新油の洗浄作用でAT内部の洗浄クリーニングをしている状態です。

 

クリーニング中に大きなスラッジや異物がATFに流れ込んでも、トルコン太郎のフィルターがろ過して車に戻さない構造になります。

 

過走行車のATF/CVTオイルはトルコン太郎を使用すれば交換ができるという主な理由になりますが、それだけでは安全な交換はできません。

 

オイルパンやストレーナーの同時メンテナンスや、交換に使用するATF量や交換回数なども重要なポイントになります。

 

 

クリーニングが終わりましたので、トルコン太郎に本命のATFを入れ替えセットします。

 

 

オーナー様が選んだのは「ワコーズATFプレミアムS

まさにプレミアムな高性能ATFです。

 

滑らかな変速フィーリング高い動力伝達能力を両立した、高性能プレミアムATFです。

Full Synthetic Fluid(100%化学合成という意味です)とすることで、優れた耐熱性および酸化安定性長期間安定して維持します。

 

店主もおすすめ、自信を持っておすすめできるハイパフォーマンスATFです

 

2回目の圧送交換(仕上げの最終交換)

オイルパン・ストレーナー交換、AT内部洗浄プレ洗浄で再生されたAT内部。

最終仕上げ工程に入ります。

 

洗浄に使用したATFとワコーズATFプレミアムSを入れ替えします。

 

それでは、最終交換になる2回目の圧送交換スタートです。

2回目の圧送交換が終わりました。

 

圧送交換が終了するとCX-5のAT内部に流れているATFがトルコン太郎の真ん中のモニターに流れてこんできます。

 

ワコーズATFプレミアムSに入れ変わりました

最初に排出したATFの面影はどこにもありません。

 

モニター内部のフィルターの模様までくっきりと見えるほどの透明度です

 

ATF交換最終工程

無時に新油同然まで交換が終わった後は、トルコン太郎を切り離し、CX-5のATを復元してフルードレベル調整します。

 

ATオイルクーラーの洗浄もしっかりと行います。

 

オーリングも新品に交換

 

ATFをメーカーの規定温度に調整してフルードレベル調整をします

 

ドンピシャに合わせました。

 

レベルゲージのオーリングも交換します。

 

 

作業終了、外部診断機を使用して故障コードの確認です。

 

故障コードなし。

 

 

全ての作業を終えての走行試運転。

 

 

入庫時は、DPFの異常で警告灯点灯、さらには出力制限がかかっていたCX-5。

 

DPFの洗浄とドライアイス洗浄により吸気系のカーボンがすべて除去され、エンジンは再生されました。

 

ATはこれ以上のメンテナンスはないというほどの充実した内容のATF圧送交換。

 

新車のようなコンディションに戻ったエンジンは強烈なパワーを生み出します。

 

ATも新車のようなコンディションに再生され、強烈なエンジンパワーをしっかりと受け止めロスなく伝達します。

 

フルアクセルでの発信加速はタイヤがターボが効く回転域からホイルスピンしてしまうほどに・・・。

 

 

強力なエンジンパワーに負けないハイスペックATF

 

 

経年劣化は避けられません。

しかし、エンジンとATメンテナンスを実施することで新車のコンディションを手に入れたCX-5。

 

施工後のオーナー様からいただいた感想、ひと言目には「絶好調です!!!」。

 

 

お問合せ

ATF/CVTオイル交換のお見積りは車検証をご用意の上、こちらのフォームをご利用ください。

 

費用以外のお問い合わせはこちら。

 

お急ぎの方、フォームが面倒なかたは車検証をご用意の上。お電話をご利用ください。

タップで電話がかかります。