平成30年式 スバル WRX S4 VAG

新車から半年、走行8,000KMでニューテックZZ51改へ全量圧送交換

東京都青梅市からお越しいただきました。

 

 

WRX S4 外観

新車同然の大変きれいなお車です。

どこを見てもピカピカ。

 

走行8,084KM

走行距離は8,048KM、

新車から半年のお車です。

 

年に数回、サーキット走行を楽しまれているそうです。

そのため、純正CVTオイルからアップグレードしたいとのご要望でした。

 

WRXやレガシィ、レボーグの2.0リッターターボ車の純正は

「スバルハイトルクCVTフルードリニアトロニック用」

という強化版のCVTオイルが採用されていますが、

やはりそこは純正品であり通常走行を想定して設計されています。

 

サーキット走行やハードなスポーツ走行をする場合は

新車のうちから高性能オイルに全量交換してしまうのが

車の保護になりますので非常に有効です。

 

ハードに乗らない大切に乗る場合でも

末永く調子良く乗りたいという方は

高性能オイルへのアップグレードが非常に有効です。

 

ただし、「スバルハイトルクCVTフルードリニアトロニック用」に

適合する社外CVTオイルはほとんど存在しません。

 

オートサプライ鈴木で扱っているニューテックの中では

ZZ51改が唯一適合するオイルになります。

 

ZZ51改

 

それではトルコン太郎を使って

ZZ51改への全量交換をしていきます。

 

S4下回り

 

トルコン太郎接続完了

 

接続が完了するとミッションから出てきたオイルがクリーナーモニターで確認できます。

 

ミッション内部のオイルの様子

 

走行8,000KMですのでフィルターの模様も透けてみえています。

左のサンプルは純正の新品オイルです。

新品と比べると少し黒くなってきているのがわかりますね。

 

トルコン太郎にZZ51改をセットして圧送交換を開始します。

今回はプレ洗浄なしの1回交換です。

全量の1.3倍量の16.4リットルを使って一気に全量交換をします。

 

圧送交換1

圧送交換2

圧送交換3

圧送交換4

圧送交換5

圧送交換6

圧送交換7

無事に交換が完了いたしました。

 

交換後のモニター

純正オイルはオレンジ色でしたが

ZZ51改は赤色です。

 

新油との比較

左:新油

右:ミッション内部のオイル

 

新油との比較

完全入れ替え成功です。

 

クリーニングモードが完了しましたら

トルコン太郎を取外しして車を元の状態に戻します。

 

その後、フルードレベル調整のため

CVTイルを強制冷却します。

 

強制冷却

スポットクーラー2台使って油温を規定温度以下にまで下げていきます。

 

規定温度以下に下がりましたら

スキャンツールを接続して規定温度まで油温を上げていきます。

 

規定温度になりましたらオーバーフローさせて作業は終了します。

 

作業後の走行試運転、故障コードチェックを終え

無事に完成となりました。

 

ご利用いただきましたお客様から感想が届いております。

こちらからご覧ください。

お問合せ