車検、修理、ATF/CVTオイル交換、ブレーキメンテナンス、エアコンメンテナンスが可能なプロショップです。

リフレッシュ整備

  • HOME »
  • リフレッシュ整備

リフレッシュ整備とは?

10万km走行したメーター

新車から10年、もしくは走行距離が10万km。

ひと昔前なら廃車にするのが当たり前でした。

 

しかし現在は、車の耐久性が以前と比べられないほど向上しています。

きちんとメンテナンスをしている車なら10年・10万kmは単なる通過点に過ぎなくなりました。

 

とは言え、10年・10万kmですから、それなりに摩耗や劣化が生じています。

通常の車検整備や点検の時には実施しないような整備をすることで、新車のような走りと乗り心地を取り戻すことも可能です。

 

リフレッシュ整備とは、主に10年10万km、または長年走行した愛車に対して大規模な修繕をする整備のことです。

 

主なリフレッシュ整備に該当する箇所

リフレッシュ整備を実施して、あと5年、5万km乗りたいという要望を多くいただきます。

足回り、ブレーキ周り、エンジン、駆動系など修繕を要する箇所は多岐に渡ります。

サスペンション・足回り

リフレッシュ整備の代表的作業といえばサスペンション・足回りの整備です。

この整備は乗り心地や走りが良くなる体感できる整備になります。

4輪アライメント調整と合わせて整備をすることで限りなく新車に近い状態へ戻すことが可能です。

リヤショックと交換部品  

ロアアーム

  • ショックアブソーバー交換
  • アーム類のブッシュ・またはASSY交換
  • ボールジョイント交換
  • スタビライザーブッシュ・リンク交換

ブレーキ系

ブレーキ内部のゴムシールの交換も大切な整備です。

内部に錆が発生すると、ブレーキの効きが悪くなるだけでなく、引きずりや固着が生じます。

オーバーホールやパット交換に合わせてディスクローターの研磨も可能です。

  • キャリパーシール交換(オーバーホール)
  • ブレーキホース交換
  • ディスクローター研磨・交換

駆動系

フロントハブベアリング

AT/CVT

圧送交換終了19020701

  • ハブベアリング交換
  • ドライブシャフト・ブーツ・グリス交換
  • AT/CVTオイルパン分解洗浄・ストレーナー交換
  • ATF/CVTオイル交換
  • マニュアルトランスミッションオイル交換
  • デフオイル交換

ステアリング系

  • パワーステアリングポンプ交換
  • ギヤボックス交換
  • ブッシュ交換
  • パワーステアリングオイル交換

エンジン

  • エンジンマウント交換
  • O2センサー交換
  • ドライアイス洗浄

電装系

  • オルタネーター交換
  • スターターモーター交換

エアコン系

カーエアコンリフレッシュ

  • エアコンガスリフレッシュ
  • コンプレッサー交換
  • 室内機の除菌消臭

 

 

画像を交えながらご紹介いたします。

 

足回りのリフレッシュ整備

ショックアブソーバーの交換

リヤショックと交換部品

ショックアブソーバーの交換に付帯して、スプリングシートやダストカバーなども同時に交換します。

車重を支えるスプリングは劣化しずらいので再使用します。

 

ボールジョイントの交換

   

丈夫な金属製のボールジョイントでも、10万kmも走行すると摩耗してきます。

わずかでも摩耗があると、路面の凸凹でコトコトと異音が発生します。

この部分のゴムブーツは切れていると車検に通りませんので、ブーツ交換は比較的実施する作業です。

通常の車検整備や点検でボールジョイントをASSYで丸ごと交換することは稀です。

 

アーム類のブッシュ、またはASSYの交換

ロアアーム

アームはサスペンションと車体をつなぐ重要なパーツ。

その結合部分はゴム。ゴムは経年劣化で硬化し、ひび割れや折損が起こります。

ブッシュ単体での部品供給があれば交換可能ですが、無い場合はASSY※での交換になります。

※ASSYとは、構成部品まるごとという意味になりアッセンブリーともいいます。

ここが劣化していると、乗り心地が悪くなるだけでなく、走行中にハンドルがふらついたり、バウンドに異音が発生したりします。

この部分は、通常の車検整備や点検で交換することは、ほとんどありません。

 

足回りのリフレッシュ整備

サスペンションパーツ

足回りには多くの部品が使われています。

 

ゴム製のブッシュ、スプリングシートなど

車の走りや乗り心地に大きく影響を与えるサスペンション。

その取付部分の多くにゴム製部品が使われています。

アーム類のブッシュやスプリングシート該当します。

 

 

 

リヤアクスルビームのブッシュ交換

トヨタのエスティマや、ノア・VOXY、アルファード・ヴェルファイアなどのリヤアクスルビームのブッシュは劣化してひび割れが発生します。

ひび割れが発生していても車検で問題になることが少ないので、使用者は気が付くことなくそのままお乗りになっていることが多いです。

しかし、硬化してひび割れた状態では乗り心地が悪いだけでなく、車がふらつく原因になります。

リヤアクスルビームブッシュ

交換することでふらつきがなくなり、乗り心地も向上します。

リーディングアームブッシュ交換費用

工賃 5万円~

部品 8,000円前後(ブッシュの他、交換に付随して必要な部品含む)

作業日数

お預かり期間は3営業日

 

ショックアブソーバー交換

フロントストラット

リヤショックアブソーバ

 

走りや乗り心地に直接的に影響を与えるサスペンション部品はショックアブソーバーです。

 

ショックアブソーバーは、路面からの衝撃を吸収する役割をはたします。

総距離に比例して劣化します。

 

劣化すると不必要な揺れが収まらず、走りや乗り心地が悪くなります。

 

ショックアブソーバー交換の際は、スプリング以外の構成部品を全て交換します。

車の重量を支えているスプリングの上下に装着されているゴム製スプリングシートも忘れずに交換します。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ホームページ見た」とお電話ください TEL 048-775-3322 営業時間 9:00-12:00 13:00-18:00 定休日:日曜・祝日

PAGETOP
Copyright © 有限会社オートサプライ鈴木 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.