ホームページをご覧いただき東京都北区からお越しいただきました。

お車はランクル100。
走行距離は約130,000キロ。

 

DSCN13072

オートマオイルを交換するにあたり問診と試運転の結果、変速ショックが大きいなどの不具合症状は特にありませんでした。
中古で購入したので過去のオートマオイル交換の有無がわからない、ということで交換をしたいとのご要望でした。

丈夫なランクルとはいえ、走行距離が10万キロを超えていることもあり、オイルパン洗浄とストレーナー交換も併せてご依頼いただきました。

完全密閉式のオートマチックトランスミッションですが、整備工場の技術でオートマオイルの交換とオイルパン洗浄、ストレーナー交換が可能です。(※弊社の店主はトヨタディーラーの出身のメカニックです)

オイルパン洗浄、ストレーナー交換

DSCN1308

オイルパンからオイルを抜き取り、オイルパンをミッションから取り外すとこのような状態になります。
中央に写っている丸く穴の開いたグレーの物体がフィルターの役割をするストレーナーです。

 

DSCN1311

取り外されたオイルパンです。
よく見ると小さな四角い物体が4つありますね。
これはマグネット(磁石)なのですが、内部の摩擦で発生した金属のスラッジを回収するために取り付けられいます。

 

DSCN1312

スラッジがこんなにも付着していますが、これで正常の範囲です。

 

DSCN1316

オイルパン内部とマグネットは徹底的に洗浄すると画像のようになります。
手前にあるのは交換する新品のストレーナーです。

洗浄の後、新品のガスケットを介して元通りに取り付けます。

 

いよいよトルコン太郎に接続します

DSCN1328

オイルパンを取り付けた後は、オイルパンから抜けた量と同量のオイルを補充しトルコン太郎と接続します。

 

まずはクリーニングモードから

DSCN1317

トルコン太郎と接続しスイッチオン!エンジンをかけると自動でクリーニングモードに入ります。
ランクルからトルコン太郎へ→真ん中のクリーニングモニターのフィルターでろ過→ランクルへ戻る。

この工程で浮遊しているスラッジを回収します。
10分程度クリーニングをしてから1回目の圧送交換に入ります。

DSCN1319

真ん中のモニターのアップです。
オイルパン洗浄に伴い、オートマオイルを4リットルほど入れ替え済みです。
オイルパン洗浄作業前よりはきれいになっているとは思いますが真っ黒に見えますね。

 

圧送交換1回目 アイシンAFW+ 10リットル

DSCN1322

圧送交換1回目スタートです。
プレ洗浄になりますので使用するオイルは安価なアイシンの AFW+ です。

圧送で10リットルを一気に交換します。

 

DSCN1332

10リットルの圧送交換が終わりました。
10万キロを超えているにもかかわらず、1回の圧送交換でここまできれいになりましたので、過去にオートマオイルを交換している可能性大です。

左側の新油と比べてもキレイになっていることがおわかりいただけると思います。

 

DSCN1335

ペットボトルに入っている交換前のオイルと比べると一目瞭然ですね。
※ペットボトルにはオイルパンを外す前に抜いたオートマオイルが入っています。

このまま10分程度クリーニングモードで浮遊しているスラッジの回収をします。

 

圧送交換2回目 ワコーズATFプレミアムスペック11リットル

DSCN1339

オートマオイルの交換をご依頼いただいた当初はアイシンオイルAFW+を20リットル使って2回プレ洗浄を行い、その後に本命のワコーズATFプレミアムスペック入れる予定でしたが、1回の圧送交換で予想以上にきれいに交換ができたので、急遽プレ洗浄は1回で終わらせて、本命のワコーズオイルで11リットル使用した圧送交換をしていきます。

このようにモニターを見ながらオイルの汚れ具合に応じて、交換する量や回数を臨機応変に調整できるのがトルコン太郎の強みなのです。

では、さっそく2回目の圧送交換を開始します。

 

DSCN1344

今回、本命で使用したオイルはワコーズの最高級グレードの「ATFプレミアムスペック」です。
お値段は少々張りますが、重量のあるランドクルーザに最適なオイルとなっており、価格以上に価値のある高性能オイルです。

 

DSCN1340

これからオートマへ送り込まれる新油です。
ワコーズATFプレミアムスペックはご覧の通り、きれいに飴色をしています。

 

DSCN1343

トルコン太郎を使用して一気に11リットルの圧送交換が終了しました。
新油と比べると若干の赤みが残っているように見えますが、ほぼ入れ替えが完了しています。

オイルの温度調整、量調整が済んだらトルコン太郎を切り離し、試運転になります。

乗ってすぐに感じたのが、「超」をつけてもよいほどの新車のようなスムーズな走り。
特に1→2速の変速ショックが全く感じられません。

作業者としても全体的に良好になったことが確認できました。
この瞬間が最高にやりがいを感じるのであります・・・。

お客様の感想

数日後、その後の調子伺いのお葉書を送付させていただいたところ、お客様から以下のようなお返事をいただきました。
ご丁寧にありがとうございます!!

キャプチャ 

お葉書、ありがとうございます。
車ですが、期待していた以上の効果が体感出来て、感激しています。
発進から常用速度に達するまでのモタツキが無くなり、またNレンジからDレンジに入れる際、時たま大きなショックが出てましたが解消しました。先週の連休は、伊勢神宮まで900km前後のドライブとなりましたが、高速域での加速も力強くなって満足しています。
来年は、ご指摘頂いたBパッドの交換とステアリングロッド?の割れかけているブッシュの交換を是非、お願いしようと思っています。塗装もやっておられるので何かあれば、すぐ連絡させて頂きます。
今後とも長いお付き合いが出来ればと思っています。ありがとうございました。

 

オートマオイル交換見積もりフォーム